女の人

社員教育でスキルアップ|即戦力になる人材を育てる

スーツの男性

IR活動を強化する

IR活動を強化するのではあれば、寺下史郎が事業を行っているコンサルティング会社に依頼しましょう。そうすれば、専任のコンサルタントの方が、活動における手伝いを行ってくれます。

特徴を調べる

メンズ

新人の社員が入社した際には、研修を行う企業がほとんどです。期間としては企業によって異なりますが、長くて約3ヵ月になります。実際の現場で働く際には、それなりに知識が必要になります。また、現場でしか分からないものもありますが、忙しいとしっかり教えてもらうのが難しい時もあります。そういったことがあっても、しっかり対応できるように社員教育を行います。この研修は、新人だけでなく勤めて長い社員の研修を行っている企業もあります。研修の方法としては、集合型や通学型、講師派遣型、eラーニングといった研修があります。これらの研修方法は、目的によって行うものが異なります。自社で行う社員教育の目的に合わせて、これらの方法を行ってみると良いでしょう。

集合型の研修は、ほとんどの企業が行っている社員教育方法になります。一つのところで大規模な研修を行うことができます。受講する社員のレベルやスキルを統一するには、この方法が適しているといえます。同じ施設で社員教育を行っていれば、講師としても講義がしやすいといえます。ですが、大規模で行ってしまうことで、社員の理解度に差が出てしまいます。通学型の社員教育としては、少人数で行うことができます。少人数であれば、社員の理解度やスキルに合わせて受講ができます。講義のスピードについて来れないということは防いでくれます。次に、派遣型の研修は、自社内に講師を招いて講義を行います。営業や商品のサービスをお客様にアプローチの方法などを指導してもらえます。それぞれの特徴を把握して、比較をすると良いでしょう。

3人の男女

管理ができる

社員研修の中には、集合型といった方法があります。CDROMを使用したものだと、講義を受けている社員の進捗管理が難しいです。しかし、eラーニングであれば一括で管理することができます。

集合住宅

代行して探してくれる

社宅があることで、働く社員だけでなく企業にもメリットがあります。また、採用力をアップさせることができます。その際には、家主とのやり取りや契約をしなくてはなりません。このやり取りなどは、代行サービスの方に任せることができます。